001-010180

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

バージョン 3.7.0のGaroonをインストールしてバージョンアップすると、サンプルデータのスペースでエラーが発生し、閲覧できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • スペース
  • サンプルデータ
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2019-06-18
更新日
2019-06-18

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 「標準+サンプルデータ」を選択し、バージョン 3.7.0のGaroonをインストールしている。

  • バージョン 3.7.1以降のGaroonにバージョンアップしている。

【準備】
  • 「標準+サンプルデータ」を選択し、バージョン 3.7.0のGaroonをインストールします。

  • システム管理権限、およびスペースのアプリケーション管理権限を持たないユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

【再現手順】

  1. バージョン 3.7.1以降のGaroonへバージョンアップします。

  2. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[スペース] > [すべてのスペース]の順にクリックします。

  3. サンプルデータで、公開されているスペースをクリックします。

    例:
    ----------
    調査室:業務受付
    ----------

→現象発生:
 次のエラーが発生し、スペースを閲覧できません。
 バージョン 4.2.2以前のGaroonの場合:

 ---------
 エラー (GRN_SPACE_00001)
 指定されたスペースが見つかりません。

 原因
 スペースの指定が誤っているか、スペースが削除されています。
 ---------

 バージョン 4.2.3~4.2.6のGaroonの場合:

 ---------
 エラー (GRN_SPACE_00013)
 指定されたスペースにアクセスできません。
 
 原因
 スペースの指定が誤っているか、スペースが削除されています。
 ---------

 バージョン 4.6.0以降のGaroonの場合:

 ---------
 エラー (GRN_SPACE_DISCUSSION_00009)
 指定されたディスカッションは閲覧できません。
 
 原因
 スペースの指定が誤っているか、スペースが削除されています。
 ---------

補足:

  • ユーザー1を手順3のスペースのメンバー、またはスペースの管理者に設定した場合も、同様の現象が発生します。

  • 手順3のスペースのメンバーに含まれていないサンプルデータのユーザーの場合も、同様の現象が発生します。

  • 手順1のあと、次の手順を行った場合、スペースの画面にスペースの管理者で実行できる操作の一部のリンクが表示されない現象が発生します。

    1. システム管理権限、およびスペースのアプリケーション管理権限を持たないサンプルデータのユーザーで、アプリケーション画面にログインします。

      例:
      kato(サンプルデータに登録されたユーザー)

    2. [スペース] > [Myスペース]の順にクリックします。

    3. サンプルデータで、参加しているスペースをクリックします。

      例:
      ----------
      調査室:業務受付
      ----------

    4. [メンバーを変更する]をクリックします。

    5. 「スペースの管理者を設定する」のチェックボックスを選択し、「管理者」に手順1のユーザーを追加します。

    6. [変更する]をクリックします。

    →現象発生:
     スペースの画面に、スペースの管理者で実行できる操作の一部のリンクが表示されません。

     例:
     「スペースの詳細」画面の場合、[再利用する]以外のリンクが表示されません。

【回避方法】

サンプルデータで、公開されているスペースの「公開方法」を、「非公開」に変更します。

補足:

  • 「公開方法」を、再度「公開」に変更した場合も、本現象が発生しません。


【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。