001-010571

パッケージ版 Garoon

システム管理でプロフィール画像の表示を許可していないとき、ユーザーが個人設定で画面の一般設定を変更すると、画像の表示を許可しても、個人設定では画像を表示しない設定のままになる。

           
種別
不具合
機能
  • 個人設定
  • システム設定
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
改修バージョン
公開日
2019-08-07
更新日
2019-08-07
【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。
  • システム管理でプロフィール画像の表示が許可されていないとき、ユーザーが個人設定で画面の一般設定を変更したことがある。

【準備】
  • システム管理画面で、プロフィール画像の表示を許可しない設定にします。

    補足:
    • (システム管理画面)「画面 > 一般設定」画面で設定します。

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1の(個人設定画面)「画面 > 一般設定」画面で、設定を変更します。

    補足:
    • 何も変更せず、[設定する]をクリックした場合も、本現象が発生します。

【再現手順】
  1. システム管理画面にログインし、[画面] > [一般設定]の順にクリックします。

  2. 「プロフィール画像の表示」項目で「許可する」のチェックボックスを選択し、[設定する]をクリックします。

  3. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[個人設定] > [画面] > [一般設定]の順にクリックします。

→現象発生:
 プロフィール画像を表示しない設定のままになっています。
  • 「コメント一覧やユーザー名簿などに表示する」のチェックボックスの選択が外れている

→正しい結果:
 プロフィール画像を表示する設定になっています。
  •  「コメント一覧やユーザー名簿などに表示する」のチェックボックスが選択されている

補足:
  • 現象発生後に次の操作を行った場合、ユーザーが個人設定で画面の一般設定を変更しなくても、同様の現象が発生します。
    • システム管理画面でプロフィール画像の表示を許可しない設定にしたあと、許可する設定にする。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事