014-010549

パッケージ版 サイボウズ Office

0人の方が関心を示しています。

[Google Chromeの現象]レコードの登録、編集または再利用時に手動ルックアップすると、「文字列(複数行)」項目で書式編集の選択が解除され、文字列が破棄される場合がある。

種別
不具合
機能
  • 書式編集
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 10.6.0
  • 10.6.1
  • 10.7.0
  • 10.8.0
  • 10.8.1
  • 10.8.2
  • 10.8.3
改修バージョン
10.8.4
公開日
2019-10-01
更新日
2019-11-15
【準備】
  • カスタムアプリで、アプリを追加します。

    例:
    • アプリ1
    • アプリ2

  • アプリ1に、項目を追加します。

    例:
    • 項目名:項目1
      入力タイプ:
      文字列(1行)

    • 項目名:項目2
      入力タイプ:文字列(1行)

  • アプリ2に、項目を追加します。

    例:
    • 項目名:項目1
      入力タイプ:
      文字列(1行)

    • 項目名:項目2
      入力タイプ:文字列(1行)

    • 項目名:項目3
      入力タイプ:文字列(複数行)
      書式編集:「書式編集を使用する」のチェックボックスを選択する


  • アプリ2にリレーションを追加します。

    例:
    ------------
    リレーション名:リレーション1
    関連づけるアプリ:アプリ1
    キーになる項目:項目1[type=
    文字列(1行)]⇔項目1[type=文字列(1行)]
    検索ルックアップ:「検索ルックアップ機能を使用する」のチェックボックスの選択を外す
    関連づける項目:項目2[type=文字列(1行)]⇔項目2[type=文字列(1行)]
    ------------

【再現手順】
  1. [カスタムアプリ] > [アプリ2] > [レコードを登録する]の順にクリックします。

  2. 項目3の入力欄で「書式編集」を選択し、文字列を入力します。

  3. [リレーション1]をクリックします。

→現象発生
 項目3で、書式編集の選択が解除され、入力した文字列が破棄されます

補足:
  • アプリ2の項目1に、リレーション先のアプリ1の項目1と一致する値を入力している場合も、同様の現象が発生します。

  • 次の画面でも、同様の現象が発生します。
    • 「レコードの編集」画面
    • 「レコードの登録(再利用)」画面

  • お使いの環境によって、再現手順を行うと、入力した文字列が破棄された空のレコードが登録されてしまう現象が発生する場合があります。
    このとき、アプリ2の項目1に、リレーション先のアプリ1の項目1と一致する値を入力していても、ルックアップはされません。

【回避方法】

(個人設定画面)「画面表示の設定」画面で、次の設定を行います。
  • 「ダイアログで表示する」のチェックボックスの選択を外す。

【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。