001-010655

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

時差が「**:00」以外のタイムゾーンを設定すると、カスタマイズ用のJavaScriptの実行時のエラー(GRN_CMMN_03009)が発生し、通常予定および期間予定の登録または変更ができない。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
  • JavaScript API
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
改修バージョン
5.5.0
公開日
2020-03-30
更新日
2020-11-05
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 次の関数を使用する。
    • 関数schedule.event.create.submit」
    • 関数「schedule.event.edit.submit

  • 予定の日時に、時差が「**:00」以外のタイムゾーンを適用する。

    補足:
    • 予定の開始日時、終了日時のどちらか、または両方に適用します。

※本記事は、関数schedule.event.create.submit」を使用して、eventオブジェクトをreturnするケースについて手順を記載します。

【準備】
  • 関数「schedule.event.create.submit」を使用して、eventオブジェクトをreturnするよう準備します。

    例:
    ---------
    garoon.events.on('schedule.event.create.submit', function(event) {
     return event;
    });
    ---------

  • 補足:
【手順】
  1. アプリケーション画面にログインし、[スケジュール] > [予定を登録する] > [通常予定]の順にクリックします。

  2. [ほかのタイムゾーンを適用する]をクリックします。

  3. 発生条件2点目を満たすタイムゾーンを選択し、[適用する]をクリックします。

    例:
    ------------
    開始日時:(UTC+06:30) ヤンゴン
    終了日時:
    (UTC+06:30) ヤンゴン
    ------------

  4. [登録する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、予定を登録できません。
 -----------------------
 エラー (GRN_CMMN_03009)
 カスタマイズ用のJavaScriptの実行時にエラーが発生しました。

 原因
 event.start.dateTimeが不正です。
 event.end.dateTimeが不正です。
 -----------------------

補足:
  • 手順1で[期間予定]をクリックした場合も、同様の現象が発生します。

  • 時差が「**:00」以外のタイムゾーンを設定したユーザーで、予定の登録、または変更を行おうとした場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 5.5.0のGaroon

関連記事