001-010704

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールの返信または転送を下書き保存して、元の受信メールを削除し、下書きに署名をつけて送信するとエラーが発生する場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
  • 個人設定
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2020-12-14
更新日
2020-12-14
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • メールの返信、全員に返信または転送を下書き保存したあとに、元の受信メールを完全に削除する。

  • 下書きのメールを送信する際、引用文の前に署名を追加する設定にする。

【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1にメールアカウントを追加します。

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 署名の設定 > 署名の登録」画面で、署名を登録します。

    例:
    ------------
    名称:署名1
    署名の位置:引用文の前
    内容:内容1
    ------------

  • ユーザー1で、メールを受信します。

    例:
    メール1

  • メール1への返信メールを下書き保存します。

    例:
    Re: メール1

  • メール1を完全に削除します。

    補足:
    • 「ごみ箱」フォルダーからも削除します。

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [下書き] > [Re: メール1] > [変更/送信]の順にクリックします。

  2. 署名で「署名1」を選択し、[送信する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、メールを送信できません。
 ------------
 エラー (GRN_MAIL_24253)
 指定されたメールが見つかりません。

 原因
 メールの指定が誤っているか、メールが削除されています。

 対策
 目的のメールを確認してください。
 ------------

 補足:
  • 準備5点目で、全員に返信、または転送から下書きを保存した場合も、同様の現象が発生します。

  • 署名を引用文の後に追加する設定にした場合、本現象は再現しません。

【回避方法】
手順2で署名を追加するときに、署名をコピーして引用文の前に貼り付け、「署名」項目は「(なし)」を選択します。

【対応方法】
「回避方法」と同じ手順です。

関連記事