001-010530

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「申請データの検索」画面で、送信一覧の検索結果の「処理者」に、現在の処理者ではなく、最終承認者が表示されてしまう。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2020-12-28
更新日
2020-12-28
【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ワークフローのカテゴリーを追加します。

    例:
    カテゴリー1

  • カテゴリー1に申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に承認経路の経路ステップを2つ以上設定し、申請フォーム1を有効にします。

    例:
    ------------
    経路情報:
    • 経路名:専用経路1

    承認経路:
    • 経路ステップ名:承認1
    • 経路ステップ名:承認2
    ------------

  • ユーザー1で、申請フォーム1を使用して申請を作成します。

    例:
    ------------
    標題:申請1
    承認1の処理者:ユーザー1
    承認2の処理者:ユーザー2
    ------------

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [送信一覧] の順にクリックします。

    補足:
    • 申請1の「処理者」に、現在の処理者のユーザー1が表示されています。

  2. 検索ボックスに「申請1」と入力し、[申請データ検索]をクリックします。

→現象発生:
 「処理者」に最終承認者が表示されます。
 
 例:
 ------------
 処理者:ユーザー2
 ------------

→正しい結果:
 「処理者」に現在の処理者が表示されます。
 
 例:
 ------------
 処理者:ユーザー1
 ------------

補足:
  • 手順2で[詳細検索]をクリックし「送信一覧」を対象にして検索した場合も、同様の現象が発生します。

  • 準備4点目で共有経路を設定した場合も、同様の現象が発生します。

  • 準備4点目で、承認経路と回覧経路の経路ステップを設定した場合も、同様の現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事