001-010793

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「メッセージの作成」画面で、エラーが発生すると、「message.body.create.show」のeventオブジェクトが初期化される。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
  • JavaScript API
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
改修バージョン
5.5.1
公開日
2020-12-28
更新日
2021-03-19
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 関数「message.body.create.show」を使用している。

  • 「メッセージの作成」画面で、バリデーションエラーが発生している。

【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • 関数「message.body.create.show」を使用して、eventオブジェクトのプロパティを出力するよう準備します。

    例:
    ------------
    garoon.events.on('message.body.create.show', function(event){
     console.log(event);
     return event;
     });
    ------------

    補足:

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [メッセージを送る]の順にクリックします。

  2. 標題を空欄にして、任意の宛先を入力し、[送信する]をクリックします。

    例:
    ------------
    標題:(空欄)
    宛先:ユーザー2
    ------------

    補足:
    • 次のバリデーションエラーが発生します。
      ------------
      標題は必須です
      ------------

→現象発生:
 「message.body.create.show」のeventオブジェクトが初期化され、「メッセージの作成」画面の宛先欄に、手順2で入力した宛先が保持されません。

 例:
 ------------
 標題:(空欄)
 宛先:(空欄)
 ------------

→正しい結果:
「メッセージの作成」画面の宛先欄に、手順2で入力した宛先が保持されます。

 例:
 ------------
 標題:(空欄)
 宛先:ユーザー2
 ------------

補足:
  • メールをメッセージに転送するときの「メッセージの作成」画面でも、同様の現象が発生します。

【回避方法】
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 5.5.1のGaroon

関連記事