001-010716

パッケージ版 Garoon

関心あり
1人の方が関心を示しています。

最終承認日時と「limit」または「offset」を指定して、REST API「申請データの取得(GET)」を実行すると、正しく申請データを取得できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
  • REST API
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2021-03-08
更新日
2021-09-09
【発生条件】
次の条件を満たすと発生する場合があります。
  • REST API「申請データの取得(GET)」を使用する際に、次のパラメータをどちらも含むよう指定する。
    • 「limit」と「offset」のどちらか、または両方
    • 「rangeStartApprovedAt」と「rangeEndApprovedAt」のどちらか、または両方

※本記事は、REST API「申請データの取得(GET)」を使用し、「limit」と「rangeStartApprovedAt」を指定して申請データを取得するケースについて手順を記載します。

【準備】
  • 申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に経路を設定し、申請フォーム1を有効にします。

  • 申請フォーム1を使用して、申請を作成します。

    例:
    • 申請1 
    • 申請2 
補足:
    • 申請1、申請2の順で作成します。

  • 申請2を承認します。

    補足:
    • 2021年3月1日以降に承認したものとします。

【再現手順】
  1. 発生条件を満たすようにパラメータを指定し、REST API「申請データの取得(GET)」を使用して、申請データを取得します。

    例:
    ------------
    GET /xxxxx/xxxxx/grn.xxx/api/v1/workflow/admin/requests?rangeStartApprovedAt=2021-03-01T00:00:00Z&limit=1 HTTP/1.1
    Host: xxxxxx.co.jp
    X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
    Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
    ------------

    補足:

→現象発生:
 申請2が取得できません。

【対応方法】
手順1のあと取得したレスポンスの「hasNext」がtrueの場合、次の方法で対応できます。

  • 「offset」を指定して、REST API「申請データの取得(GET)」を実行します。

    例:
    ------------
    GET /xxxxx/xxxxx/grn.xxx/api/v1/workflow/admin/requests?rangeStartApprovedAt=2021-03-01T00:00:00Z&limit=1&offset=1 HTTP/1.1
    Host: xxxxxx.co.jp
    X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
    Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
    ------------


------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2021/09/09 対応方法を更新しました。

関連記事