001-010518

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

バージョン 2.5.4でSOAP APIを使用したあと、バージョン 4.0.0以降にバージョンアップすると、空のセッション認証が追加され、詳細画面を表示しようとするとエラーが発生する。

種別
不具合
機能
  • 認証
  • SOAP API
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2021-03-10
更新日
2021-03-10
【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • バージョン 2.5.4のGaroonで、SOAP APIを使用する。

  • バージョン 2.5.4のGaroonからバージョン 4.0.0以降のGaroonにバージョンアップする。

【準備】
  • バージョン 2.5.4のGaroonをインストールします。

  • 任意のSOAP APIを使用します。

    例:
    API「BaseGetUsersById」を使用し、ユーザー情報を取得します。

     APIリクエスト例:
     ------------
     <parameters>
     <user_id xmlns="">1</user_id>
     </parameters>
     ------------

  • バージョン 4.0.0以降のGaroonにバージョンアップします。

【再現手順】
  1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [認証] > [セッション認証]の順にクリックします。

→現象発生:
 
空のセッション認証が追加され、アイコンをクリックすると次のエラーが発生します。
 ------------
 エラー (GRN_CMMN_00425)

 セッション認証のプラグインの読み込みに失敗しました。


 原因
 セッション認証の指定が誤っているか、セッション認証のプラグインが正しくインストールされていません。
 ------------

補足:
  • バージョン 4.6.0以降のGaroonの場合、空のセッション認証のチェックボックスを選択し、[削除する] > [はい]の順にクリックすると、同様のエラーが発生します。

【対応方法】

次の手順で、空のセッション認証を削除できます。
  • バージョン 4.0.0~4.2.6のGaroonの場合:
    1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [認証] > [セッション認証]の順にクリックします。

    2. 空のセッション認証のチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。

    3. 「セッション認証の一括削除」画面で[はい]をクリックします。

  • バージョン 4.6.0以降のGaroonの場合:

    空のセッション認証を削除することはできません。

関連記事