001-010807

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

全文検索サーバー利用時に、ログイン時の「在席」ステータスの自動設定を有効にしている場合、既読メールを別のフォルダーに移動すると、在席情報の日時が更新されてしまう。

種別
不具合
機能
  • メール
  • 在席確認
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2021-03-15
更新日
2021-03-15
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 全文検索サーバーを利用している。

  • 在席確認で、ログイン時の「在席」ステータスの自動設定を有効にする。

  • 既読にしたメールを別のフォルダーに移動する。

【準備】
  • 全文検索サーバーをインストールし、Garoonで利用できるよう設定します。

  • 在席確認で、ログイン時の「在席」ステータスの自動設定を有効にします。

    補足:
    •  (システム管理画面)「在席確認 > 一般設定」画面で「ログイン時に在席を設定する」のチェックボックスを選択します。

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1に、メールアカウントを追加します。

  • ユーザー1でメールを受信し、既読にします。

    例:
    メール1

  • ユーザー1で、メールのフォルダーを追加します。

    例:
    フォルダー1

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[電話メモ]をクリックします。

  2. ユーザー1の「在席情報」の日時を確認します。

    例:
    10:00 AM

  3. 手順2で確認した日時から、日時が進むのを待ちます。

  4. [メール] > [受信箱]の順にクリックします。

  5. メール1のチェックボックスを選択し、[移動] > [フォルダー1]の順にクリックします。

  6. [電話メモ]をクリックし、再度ユーザー1の「在席情報」欄の日時を確認します。

→現象発生:
 在席情報に表示される日時が、手順5でメールを移動した日時に更新されています。

 例:
 10:05 AM

→正しい結果:
 在席情報に表示される日時が、ログインした日時のまま更新されません。

 例:
 10:00 AM

補足:
  • 手順5で、メール1をフォルダー1以外のフォルダーに移動した場合も、同様の現象が発生します。

  • 次の操作でも、同様の現象が発生します。
    • 移動したメールを元に戻す
    • ドラッグアンドドロップでメールを別のフォルダーに移動する
    • メールをほかのメールアカウントに移動する

  • 次の画面でも、同様の現象が発生します。
    • 「スケジュール > グループ週」画面
    • 「スケジュール > グループ日」画面
    • 「アドレス帳 > ユーザー名簿」画面
    • ユーザー1の「ユーザー情報の詳細」画面

  • ログイン画面で「次回もこのログイン名を使用する」を選択している場合、手順5のあとに選択が外れる現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事