001-009912

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「グループ週表示」画面で、タイムゾーンが異なるユーザーの期間予定を表示すると、予定がスケジュールの日付の枠を超えて表示される場合がある。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2021-04-26
更新日
2021-04-26

【準備】

  • タイムゾーンを設定したユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1:(UTC+00:00)ロンドン
    • ユーザー2:(UTC+09:00)東京

    補足:
    • ユーザー1のタイムゾーンが、ユーザー2のタイムゾーンよりも西になるように設定します。


  • ユーザー2で、参加者にユーザー1を含む期間予定を登録します。

    例:
    ----------
    日付:2021年4月1日(木)~2021年4月1日(木)
    タイトル:予定1
    参加者:ユーザー2、ユーザー1
    ----------

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[スケジュール] > [グループ週]の順にクリックします。

  2. 「ユーザー選択」アイコンをクリックします。

  3. ユーザー2を選択し、[適用する]をクリックします。

  4. 日送りボタン、または週送りボタンをクリックし、予定1がスケジュールの右端の日付に表示されるようにします。

    例:
    ----------
    左端の日付:03/25(木)
    右端の日付:03/31(水)
    ----------

  5. [オプション]をクリックし、「各ユーザーのタイムゾーンを適用する」のチェックボックスを選択します。

→現象発生:
 予定1が、スケジュールの日付の枠を超えて表示されます。


補足:

  • ユーザー1のタイムゾーンが、ユーザー2のタイムゾーンよりも西になるように設定しても、本現象が発生しない場合があります。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事