001-010564

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

API「WorkflowGetRequests」を使用するとき、「start_approval_date」を指定しても、進行中の申請情報が取得されてしまう場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
  • SOAP API
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2021-05-10
更新日
2021-05-10
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 承認経路の最後の経路ステップで、経路種別に「承認(全員)」を設定する。

  • 承認経路の最後の経路ステップに、申請を承認した処理者と、未処理の処理者が存在する。

  • API「WorkflowGetRequests」を使用して申請情報を取得するとき、「start_approval_date」を指定する。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • 申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に承認経路を設定し、申請フォームを有効にします。

    例:
    ------------
    経路情報:
    • 経路名:専用経路

    承認経路:
    • 経路種別:承認(全員)
    • 経路ステップ名:承認経路1
    ------------

    補足:
    • 承認経路の最後の経路ステップで、経路種別に「承認(全員)」を設定します。

  • 申請フォーム1を使用して申請を作成します。

    例:
    ------------
    標題:申請1
    承認経路1の処理者:ユーザー1、ユーザー2
    ------------

  • ユーザー1で、申請1を承認します。

    補足:
    • 2021年4月1日以降に承認したものとします。

    • ユーザー2では処理しません。
      このとき、最終承認が完了していないため、申請1は進行中と表示されます。

【再現手順】
  1. API「WorkflowGetRequests」を使用して、申請情報を取得します。

    APIリクエスト例:
    ------------
    <parameters>
    <manage_request_parameter xmlns="" request_form_id="1" start_approval_date="2021-04-01T00:00:00Z">
    </manage_request_parameter>
    </parameters>
    ------------

    補足:
    • 「start_approval_date」を指定して、2021年4月1日以降に承認された申請情報を取得します

→現象発生:
 最終承認が完了していない進行中の申請1の情報が取得されます。

 レスポンス例:
 ------------
 <returns>
 <category id_category="-1" name_category="Uncategory">
 <manage_request_form id_request_form="1" name_request_form="申請フォーム1">
 <manage_item_detail pid="1"  number="1" priority="0" subject="申請1" status="進行中" applicant="1" last_approver="2" request_date="2021-04-01T10:00:00Z">
 </manage_item_detail>
 </manage_request_form>
 </category>
 </returns>
 ------------

補足:
  • 準備3点目で共有経路を設定した場合も、同様の現象が発生します。

  • 手順1で「start_approval_date」に加えて「end_approval_date」を指定した場合も、同様の現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。