001-010707

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

コメントを入力して差し戻した、または2回以上差し戻した申請データを、REST API「申請データの取得(GET)」で取得すると、「comment」に表示される「\n」(改行コード)が、文字列として扱われる。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
  • REST API
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2021-05-10
更新日
2021-05-10
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • コメントを入力して差し戻した、または2回以上差し戻した申請データが存在する。

  • REST API「申請データの取得(GET)」を使用して、申請データを取得する。

【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • 申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に経路を設定し、申請フォーム1を有効にします。

    例:
    ------------
    経路情報:
    • 経路名:専用経路1

    承認経路:
    • 経路ステップ:承認経路1
    ------------

  • ユーザー1で、申請フォーム1を使用して申請を作成します。

    例:
    ------------
    標題:申請1
    承認経路1の処理者:ユーザー2
    ------------

  • ユーザー2で、申請1のコメント欄に文字列を入力し、差し戻します。

    例:
    コメント1

【再現手順】
  1. REST API「申請データの取得(GET)」を使用して、申請データを取得します。

    例:
    ------------------------------------
    GET /xxxxx/xxxxx/grn.xxx/api/v1/workflow/admin/requests HTTP/1.1
    Host: xxxxxx.co.jp
    X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
    Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
    -----------------------------------

    補足:

→現象発生:
 「comment」に表示される「\n」(改行コード)が、文字列として扱われます。

 例:
 ------------
 \\nコメント1
 ------------

→正しい結果:
 「comment」に表示される「\n」(改行コード)が、文字列として扱われません。

 例:
 ------------
 \nコメント1
 ------------

補足:
  • 準備3点目で共有経路を設定した場合も、同様の現象が発生します。

  • 差し戻した申請データをREST API「申請データの取得(GET)」で取得すると、次の現象も発生します。

    •  「comment」に表示される日時が、「差し戻された申請の処理」画面、または「申請内容の詳細」画面のコメント欄の表示と異なる。

      •  「comment」に表示される日時

        例:
        ------------
        2021-03-01T00:00:00Z
        ------------

      • 「差し戻された申請の処理」画面、または「申請内容の詳細」画面のコメント欄に表示される日時

        例:
        ------------
        2021年03月01日 09:00 AM
        ------------

    ※コメントの有無や差し戻した回数にかかわらず発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事