001-011049

パッケージ版 Garoon

関心あり
4人の方が関心を示しています。

メールの送受信にOAuthを使用しているとき、保存されているアクセストークンが無効になり、エラーが発生する場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 5.5.1
  • 5.9.0
改修バージョン
5.9.1
公開日
2021-11-01
更新日
2022-02-04
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • メールの送受信にOAuthを使用する。

  • アクセストークンの有効期限が切れている。

  • メール送受信のタイミングでアクセストークンを再取得する際、ネットワーク通信の問題などが発生して、以下のエンドポイントに到達できない。
    ------------
    Microsoft Office 365の場合:https://login.microsoftonline.com/(tenant)/oauth2/v2.0/token
    Google Workspace(旧G Suite)の場合:https://oauth2.googleapis.com/token
    ------------

【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • OAuthクライアントを設定します。

    補足:
  • メールサーバーを追加します。

  • ユーザー1にメールアカウントを追加します。

  • ユーザー1で、OAuth認可を実行します。

    補足:
    •  (個人設定画面)「メール > メールアカウントの設定 > メールアカウントの詳細」画面から実行します。

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信]の順にクリックします。

→現象発生:
 発生条件2点目、3点目を満たす場合、保存されているアクセストークンが無効になり、次のエラーが発生します。
 ------------
 エラー (GRN_MAIL_24205)
 メールの受信に失敗しました。

 原因
 メールアカウントが、OAuthの認可サーバーに認可されていません。
 ------------

→正しい結果
 保存されているアクセストークンが無効にならず、次の正しいエラーが発生します。
 ------------
 エラー (GRN_MAIL_24206)
 メールサーバーの認証に失敗しました。

 原因
 メールサーバーへのアクセスが許可されていません。
 メールサーバーからの応答:cURL error 7: Failed connect to login.microsoftonline.com:443; Connection refused (see https://curl.haxx.se/libcurl/c/libcurl-errors.html) for https://login.microsoftonline.com/(tenant)/oauth2/v2.0/token
 ------------

補足:
  • 手順1で、メールを送信した場合も、同様の現象が発生する場合があります。

【対応方法】
ユーザー1で、再度OAuth認可を実行します。

関連記事