001-010952

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

関数「garoon.schedule.event.set()」を使用し、スケジュールオブジェクトを自分で定義して予定の値をセットしたあと、関数「garoon.schedule.event.get()」を使用すると、一部のプロパティが取得できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
  • JavaScript API
再現バージョン
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
  • 5.9.1
  • 5.9.2
改修バージョン
公開日
2021-12-15
更新日
2021-12-15
【発生条件】
次の条件をすべて満たす場合に発生します。
  • 関数「garoon.schedule.event.set()」を使用して、スケジュールのオブジェクトを自分で定義し、予定の値をセットする。

  • セットした予定の値を、関数「garoon.schedule.event.get()」を使用して取得する。

【準備】
  • 関数「garoon.schedule.event.set()」を使用して、スケジュールのオブジェクトを自分で定義し、予定の値をセットするよう準備します。

    例:
    ------------
    var event = { subject: 'test1' };
    garoon.schedule.event.set(event); 
    ------------

    補足:

【再現手順】
  1. アプリケーション画面にログインし、[スケジュール] > [予定を登録する]の順にクリックします。

  2. 関数「garoon.schedule.event.get()」を使用して、予定の値を取得します。

    例:
    ------------
    var event = garoon.schedule.event.get();
    console.log(event);
    ------------

    補足:
    • 次のプロパティが取得できることを確認します。
      • id
      • eventType
      • attachments

  3. 関数「garoon.schedule.event.set()」を使用して、スケジュールのオブジェクトを自分で定義し、予定の値をセットします。

  4. 関数「garoon.schedule.event.get()」を使用して予定の値を取得します。

    例:
    ------------
    var event = garoon.schedule.event.get();
    console.log(event);
    ------------

→現象発生:
 次のプロパティが取得できない場合があります。
  • id
  • eventType
  • attachments
 例:
 ------------------------
 {
   "subject": "test1",
   "eventMenu": "",
   "notes": "",
   "companyInfo": {
     "address": "",
     "name": "",
     "phone": "",
     "route": "",
     "routeFare": "",
     "routeTime": "",
     "zipCode": ""
   },
   "visibilityType": "PUBLIC",
   "attendees": [
     {
       "id": "1",
       "name": "user1",
       "type": "USER",
       "code": "user1"
     }
   ],
   "attendeesCandidate": [
     {
       "id": "1",
       "name": "user1",
       "type": "USER",
       "code": "user1"
     }
   ],
 :
 ------------------------

→正しい結果:
 すべてのプロパティが取得できます。

補足:
  • 予定を再利用する場合も、同様の現象が発生します。

  • 「予定の変更」画面でスケジュールのオブジェクトを自分で定義し、予定の値をセットすると、次のプロパティが取得できない場合があります。
    • id
    • creator
    • createdAt
    • updater
    • updatedAt
    • eventType
    • attachments

【回避方法】
手順3で、関数「garoon.schedule.event.get()」で取得したスケジュールのオブジェクトを利用して、予定の値をセットします。

例:
------------
var event = garoon.schedule.event.get();
event.subject = 'test1';
garoon.schedule.event.set(event);
------------

関連記事