001-010942

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

関数「workflow.request.approve.submit.success」を使用し、eventオブジェクトのプロパティを出力すると、「number」に決裁番号が出力されない。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
  • JavaScript API
再現バージョン
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
  • 5.9.1
  • 5.9.2
改修バージョン
改修予定
あり
公開日
2022-04-20
更新日
2022-04-20
【発生条件】
次の条件を満たす場合に発生します。
  • 関数「workflow.request.approve.submit.successを使用し、eventオブジェクトのプロパティを出力する。

  • 申請フォームの決裁番号形式を、「申請フォームごとの決裁番号を使用する」に設定する。

【準備】
  • ワークフローの「JavaScript / CSSによるカスタマイズ」を許可する設定にします。

    補足:
    • (システム管理画面)「ワークフロー > 一般設定」画面で設定します。

  • 申請フォームごとの決裁番号を使用する設定の申請フォームを追加します。

    例:

    ------------
    申請フォーム名:申請フォーム1
    申請番号形式:全申請フォームで共通の申請番号を使用する
    決裁番号形式:申請フォームごとの決裁番号を使用する
    決裁番号書式:%YYYY%
    ------------

  • 関数「workflow.request.approve.submit.success」を使用して、eventオブジェクトのプロパティを出力するよう準備します。

    例:
    ------------
    garoon.events.on('workflow.request.approve.submit.success', function(event) {
        console.log(event);
        return event;
    });

    ------------

    補足:
  • 申請フォーム1に経路を設定し、申請フォーム1を有効にします。

  • 申請フォーム1を使用して、申請を作成します。

    例:
    申請1

【再現手順】
  1. アプリケーション画面にログインし、申請1の「未処理申請の処理」画面で、[承認する]をクリックします。

  2. 関数「workflow.request.approve.submit.success」を使用して出力されたプロパティを確認します。

→現象発生:
 「number」に申請番号のみが出力され、決裁番号が出力されません。

 例:
 ------------
 "number": "1"
 ------------

→正しい結果:
 「number」に、申請番号と決裁番号が出力されます。

 例:
 ------------
 "number": "12022"
 ------------

補足:
  • 代理承認者による処理の場合も、同様の現象が発生します。

  • 決裁番号書式を「%YYYY%」以外に設定した場合も、同様の現象が発生します。

  • 準備2点目で、申請番号形式を「申請番号を使用しない」に設定した場合は「number」自体が出力されません。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。