001-011138

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

掲示を削除したあとMySQLサービスを再起動すると、掲示の既読通知をクリックしたときに別の掲示が表示されてしまう場合がある。

種別
不具合
機能
  • 掲示板
  • ファイル管理
  • マルチレポート
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
  • 5.9.1
  • 5.9.2
改修バージョン
公開日
2022-06-08
更新日
2022-06-08
【発生条件】
次の条件をすべて満たすと発生する場合があります。
  • 既読にした掲示を削除したあと、MySQLサービスを再起動する。

  • MySQLサービスを再起動したあと、新たに掲示を書き込む。

【準備】
  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • 掲示板にカテゴリーを追加します。

    例:
    カテゴリー1

  • カテゴリー1の通知先に、ユーザー2を追加します。

    補足:
    • 次のどちらかの画面で、ユーザーを追加します。
      • (システム管理画面)「掲示板 > 通知の設定 > 通知先の一覧 > 通知先の追加」画面
      • (運用管理画面)「掲示板 > カテゴリー1 > カテゴリーの詳細 > 通知の設定 > 通知先の追加」画面

  • ユーザー1で、カテゴリー1に掲示を書き込みます。

    例:
    掲示1

    補足:
    • 掲示1のあとには、新たに掲示が書き込まれていないものとします。

  • ユーザー2で、掲示1の通知を既読にします。

  • ユーザー1で、掲示1を削除します。

  • MySQLサービスを再起動します。

    例:
    Windowsの場合:
    Windowsのスタートメニューから、[管理ツール] > [サービス]の順にクリックし、次のサービスを再起動します。
    • Cybozu_Database_Engine_5_0

    Linuxの場合:
    /etc/init.d/cyde_5_0 restart

  • ユーザー1で、再度カテゴリー1に掲示を書き込みます。

    例:
    掲示2

【再現手順】
  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[通知一覧] > [既読]の順にクリックします。

  2. [掲示1]をクリックします。

→現象発生:
 掲示2の「掲示の詳細」画面が表示されます。

→正しい結果
 「この掲示は削除されました」と表示されます。

補足:
  • 手順1でベルアイコン、または「通知一覧」ポートレットで通知を確認した場合も、同様の現象が発生します。

  • 次のアプリケーションでも、同様の現象が発生する場合があります。
    • ファイル管理
    • マルチレポート

【回避方法】
準備6点目で、掲示1を削除せずに掲示期間を指定することで現象を回避できます。

関連記事