001-011356

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています

サイボウズ共通認証またはオープン統合認証 ver.2を使用したセッション認証で、発行ドメインに無効な文字が含まれていると、エラー(PHP00099)が発生し、Garoonにログインできない場合がある。

種別
不具合
機能
  • 認証
再現バージョン
  • 5.15.0
  • 5.15.1
  • 5.15.2
  • 6.0.0
  • 6.0.1
  • 6.0.2
改修バージョン
公開日
2024-06-07
更新日
2024-06-07

詳細

【発生条件】
次の条件をすべて満たすと発生する場合があります。
  • セッション認証で、サイボウズ共通認証またはオープン統合認証 ver.2を使用する。

  • セッション認証の発行ドメインに、次のいずれかの無効な文字が含まれている。
    • 「,」(半角カンマ)
    • 「;」(半角セミコロン)
    • 「 」(半角スペース)
    • 「\t」(タブ)
    • 「\r」(キャリッジリターン)
    • 「\n」(改行コード)
    • 「\013」(垂直タブ)
    • 「\014」(フォームフィード)

【準備】
  • 次のようなセッション認証を追加し、認証を有効にします。

    例:
    ---------------
    セッション認証名:認証1
    セッション認証形式:オープン統合認証 ver.2
    モード:サイボウズ共通認証
    発行ドメイン:xx.xx.xx.xx;path=test,1;
    ---------------

    補足:
    • モードに「サイボウズ共通認証」を選択し、発行ドメインのpathに「,」(半角カンマ)を入力します。

    • 発行ドメインは、解析する際に「;」(セミコロン)で分割され、第一階層がdomain、第二階層がpathとなります。

【再現手順】
  1. アプリケーション画面のログインURLにアクセスします。

    例:
    Windowsの場合:
    http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名)/scripts/cbgrn/grn.exe

    Linuxの場合:
    http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名)/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi

  2. ログイン名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、ログインできません。
 ---------------
 エラー (PHP00099)
 予期しないエラーが発生しました。

 原因
 原因は不明です。
 ---------------

補足:
  • 準備1点目で、発行ドメインのdomainに無効な文字を入力しても、同様の現象が発生する場合があります。

    例:
    発行ドメインのdomainに「,」(半角カンマ)を入力する。
    ---------------
    発行ドメイン:xx.xx.xx.xx,
    ---------------

  • 準備1点目で、セッション認証のモードを「オープン統合認証 ver.2」に設定していると、認証を有効にした際にエラー (PHP00099)となる現象が発生する場合があります。
    このとき、システム管理画面とアプリケーション画面のどちらにアクセスした場合も、エラー (PHP00099)が発生し、ログインできません。

回避/対応方法

【回避方法】
システム管理画面にログインし、発行ドメインの無効な文字を削除します。

例:
Windowsの場合:
http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名)/scripts/cbgrn/grn.exe/system/index

Linuxの場合:
http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名)/cgi-bin/cbgrn/grn.cgi/system/index

【対応方法】
次のどちらかの方法で対応できます。
  • セッション認証のモードを「サイボウズ共通認証」に設定している場合:
    「回避方法」と同じ手順です。

  • セッション認証のモードを「オープン統合認証 ver.2」に設定している場合:
    すでに現象が発生している場合は、データベースに保存された設定値の変更が必要です。
    お手数ですが、オフィシャルパートナー、または弊社テクニカルサポートにお問い合わせください。