001-004242

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

バージョンアップした後、削除したユーザーを復旧してパスワードを変更すると、エラーが発生する場合がある。

種別
不具合
機能
  • システム設定
  • ユーザー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2011-05-18
更新日
2011-10-03

【準備】

  1. バージョン 2.x.xのガルーンをインストールします。

  2. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定] > [ユーザーを追加する]の順にクリックして、ユーザー1を追加します。

 

【再現手順】

  1. バージョン 2.x.xのガルーンをバージョン 3.0.0または、バージョン 3.0.1のガルーンにバージョンアップします。

  2. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックします。

  3. 準備で追加したユーザー1を選択し、削除します。

  4. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [ユーザーデータの削除時間の設定]の順にクリックします。

  5. 準備で追加したユーザー1のデータを選択し、削除します。

    補足:
    • ユーザーデータの削除はアクセスの少ない時間帯に行ってください。
    • 手順5の実行後、エラーが発生して、データの削除に失敗します。
      関連する不具合については、弊社Webサイトを参照してください。

      「ガルーン 2をガルーン 3にバージョンアップした場合、ガルーン上でユーザーを削除すると、データベースにユーザーデータが残ってしまう。」
      https://kb.cybozu.support/article/29606/


  6. 「ユーザーデータの削除時間の設定」画面で、ユーザー1のデータを復旧します。

  7. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックします。

  8. ユーザー1の「ユーザー情報」の[変更]をクリックします。


  9. 「ユーザー情報の変更」画面で、パスワードを変更し、[変更する]をクリックします。

 

→現象発生:

 次のエラーが表示されます。

 --------------------

 Fatal error:

 Call to a member function on a non-object in

 /var/www/cgi-bin/cbgrn/code/include/grn/uum.csp on line 2451

 --------------------

 

補足:

  • お使いの環境によって、上記の【再現手順】を行っても現象が発生しない場合があります。


  • バージョン 2.x.xのガルーンからバージョン 3.0.2以降のガルーンへ直接バージョンアップした場合は本現象は発生しません。

  • バージョン 3.0.0及び 3.0.1のガルーンでデータの削除に失敗してエラーが発生したユーザーでは、バージョン 3.0.2以降のガルーンにバージョンアップしても現象は改善されません。


  • 次の画面でも同じ現象が発生します。

    • 個人設定の「パスワードの変更」画面

 

------------------------------------------------------------------------------

次の環境で現象が発生することを確認しています。実行例を参考にしてください。

実行例

サーバーマシン

  • Red Hat Enterprise Linux 5 64bit

実行バージョン

  • バージョン 2.5.4からバージョン 3.0.0のガルーンへバージョンアップします。

------------------------------------------------------------------------------


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事