001-004487

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

DB分割構成またはサーバー分離構成でアプリケーションサーバーが複数台あるとき、ファイルのアップロードに失敗する場合がある。

種別
不具合
機能
  • ベース
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
改修バージョン
3.1.2
公開日
2011-06-29
更新日
2011-07-13

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たすと、現象が発生する場合があります。

  • DB分割構成または、サーバー分離構成でアプリケーションサーバーが複数台ある。

  • lwc.iniのprop:_passwordが各アプリケーションサーバーで異なる。初期値です。

  • ファイル一括添付機能が有効になっている。

【準備】

  • アプリケーションサーバーが複数台あるDB分割構成またはサーバー分離構成を構築します。

【再現手順】

 

パターン1:

  1. アプリケーション画面で、[メッセージ] > [メッセージを送る]をクリックします。

  2. 任意の内容を入力し、添付ファイルを選択します。

→現象発生:
 「INVALID_TICKET」エラーが表示されます。

 

パターン2:

  1. アプリケーション画面で、[メッセージ] > [メッセージを送る]をクリックします。

  2. 任意の内容を入力し、添付ファイルを選択します。

  3. [送信する]をクリックします。

→現象発生:
  手順2のファイルが添付されていないメッセージが送信されます。

 

補足:

  • どちらの現象が発生するかは、ロードバランサーの動作で変わります。

  • 次のアプリケーションでも、ファイルをアップロードする時に同じ現象が発生する可能性があります。
    • メッセージ
    • 掲示板
    • ファイル管理
    • メモ
    • メール
    • ワークフロー
    • マルチレポート

  • ロードバランサー等でセッション維持が行われており、アクセスするアプリケーションサーバーが固定化されている場合は本現象は発生しません。

【回避方法】

 

次のいずれかの方法で、現象を回避できます。

  • すべてのアプリケーションサーバーで、lwc.iniのprop:_passwordに同じ値を指定します。

    1. Webサーバーが動作しているサーバーマシンで、Webサーバーを停止します。

    2. スケジューリングサービスが動作しているサーバーマシンで、スケジューリングサービスを停止します。

    3. アプリケーションサーバーのlwc.iniを編集します。

      例:
      • 現象発生時

        • アプリケーションサーバーA:
          prop:_password = "val:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx1=="

        • アプリケーションサーバーB:
          prop:_password = "val:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx2=="

      • 回避方法適用時(アプリケーションサーバーAの値をBにコピーする。)

        • アプリケーションサーバーA:
          prop:_password = "val:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx1=="

        • アプリケーションサーバーB:
          prop:_password = "val:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx1=="

      補足:
      lwc.iniは次のディレクトリーに配置されています。

      • サーバー分離構成の場合
        /(cgi実行ディレクトリー)/(インストール識別子)/lwc.ini

      • DB分割構成の場合
        /(setting.iniの「scripts_dir」で指定したディレクトリー)/(インストール識別子)/lwc.ini

    4. スケジューリングサービスを起動します。

    5. Webサーバーを起動します。

 

 

  •   ファイル一括添付機能を無効にします。

    1. システム管理画面で、[基本システムの管理] > [ファイル] > [一般設定]の順にクリックします。

    2. 「ファイル一括添付機能」のチェックボックスの選択を外します。