001-004534

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]既定のディレクトリー(/usr/local/cybozu)が存在しないと、バージョン3.1.0のガルーンにバージョンアップできない。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
改修バージョン
3.5.0
公開日
2011-07-01
更新日
2012-01-20

【発生条件】


次の条件をすべて満たす場合に、本現象が発生します。

  • Linux環境にガルーンをインストールしている。

  • 既定のディレクトリー(/usr/local/cybozu)が存在しない。

  • /usr/local/cybozu以外のディレクトリーにMySQLをインストールしている。

 

【準備】

 

  • /usr/local の下に cybozu ディレクトリーが存在する場合は、cybozu ディレクトリーを削除します。

     

    【再現手順】

     

    1. バージョン3.0.0のガルーンのインストーラーを起動します。

    2. MySQLのインストール先として、/usr/local/cybozu 以外のディレクトリーを指定します。

      例: /home/cybozu

    3. その他の項目を適宜指定し、ガルーンをインストールします。

    4. インストールしたガルーンを、バージョン3.1.0にバージョンアップします。

     

    →現象発生:

     次のエラーメッセージが表示され、バージョンアップの途中でインストーラーが終了します。

     ----------------------------------------------------------------------
     Version up script is running...
     バージョンアップスクリプトが異常終了しました。(0) サイボウズにお問い合わせください。
     ----------------------------------------------------------------------

     

    補足:
    次の場合も同様の現象が発生します。

    • バージョン3.0.xから3.1.0へバージョンアップする場合
    • バージョン2.5.x以前のガルーンから3.1.0へバージョンアップする場合

    【対応方法】

     

    MySQLを /usr/local/cybozu 以外のディレクトリーにインストールしていた場合は、次の手順でバージョン3.1.0のガルーンにバージョンアップできます。

    1. 次のディレクトリーを作成します。

      /usr/local/cybozu

    2. 手順1で作成したディレクトリーに対し、Webサーバーの実行ユーザーに実行権限と書き込み権限を付与します。

    3. バージョン3.1.0のガルーンにバージョンアップします。

     

    補足:

    • バージョン3.1.0のガルーンでは、OpenSSLとOpenLDAPは次のディレクトリーにインストールされます。

      /usr/local/cybozu