004-005399

リモートサービス

関心あり
0人の方が関心を示しています。

サイボウズ ガルーンを利用する場合、ガルーンの「選択可能な言語」に表示言語が含まれていないと利用製品として追加できない。

種別
不具合
機能
  • 管理画面
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.1.0
改修バージョン
3.1.1
公開日
2011-11-22
更新日
2014-03-14

【発生条件】

  • バージョン 3.1.xのガルーンで「選択可能な言語」に表示言語が含まれていない。

    補足:
    • 「表示言語」とは、バージョン 3.1.0のガルーンのインストール直後に設定する言語です。

    • バージョン 3.0.xから3.1.0にバージョンアップした場合は、前バージョンの設定を引き継ぎます。

    • バージョン 2.1.3から3.1.0にバージョンアップした場合は、表示言語に英語が設定された状態となります(この現象はガルーンで発生する不具合です)。

 

【準備】

  1. サイボウズ ガルーンをインストールし、初期化画面で任意の言語を「表示言語」として選択します。

    例:
    「日本語」

  2. ガルーンのシステム管理画面で、[基本システムの管理] > [ローカライズ] > [一般設定]の順にクリックします。

  3. 「選択可能な言語」から手順1で設定した表示言語を削除し、[設定する]をクリックします。

    例:
    「日本語」を削除する。

 

【再現手順】

  1. リモートサービスマネージャーにログインします。

  2. 「リモートサービスの運用管理」の[製品/ユーザーの設定]をクリックします。

  3. [利用製品を追加する]をクリックします。

  4. 製品のアクセスURLを入力し、[追加する]をクリックします。

 

→現象発生:

 次のエラーが表示され、製品を追加できません。

 -------------------

 エラー (U020030E)

 製品情報の取得に失敗しました。

 

 原因

 製品の認証に失敗しました。

 -------------------

 

補足:

 利用ユーザーを追加しても同じ現象が発生します。


【対応方法】

  • サイボウズ ガルーンの「選択可能な言語」に表示言語を追加してから、利用製品または利用ユーザーを追加してください。

 

補足:

  • ガルーンの表示言語は、次の手順で確認できます。

    1. リモートサービスマネージャーにログインします。

    2. 右下の[動作環境]をクリックします。

    3. ガルーンの「現在のロケール」を確認します。

  • 利用製品または利用ユーザーを追加した後に「選択可能な言語」から表示言語を削除しても、リモートサービスを経由してサイボウズ ガルーンにアクセスできます。