001-005437

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

不正な日付のメールをファイルから読み込んだ場合、タイムゾーンを変更すると、送信日時が一部表示されない。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.7.0
  • 3.5.5
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2012-02-24
更新日
2012-02-24

【発生条件】 

  • メールヘッダーの「Date」フィールドが不正な日付のメールが存在する。

    メールソースの例:
    ----------
    Return-Path: user1@xxxxx.co.jp
    Received: from xxxxx by xxxxx ; Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Date: Thu, 1 Jan 1970 00:00:00 +0900
    Subject: Sample_Mail
    ----------

  • 上記に該当するメールをファイルから読み込んだ後に、タイムゾーンを変更した。

【準備】

  • タイムゾーンの設定を確認します。
     例:「(UTC+09:00)東京」

【再現手順】

  1. アプリケーション画面で、[個人設定] > [各アプリケーションの設定] > [メール] > [ファイルからの読み込み]の順にクリックします。

  2. 「発生条件」の内容に該当するメールファイルを読み込みます。

  3. [個人設定] > [共通設定] > [ローカライズ] > [ロケールの設定]の順にクリックします。

  4. タイムゾーンを変更して、[設定する]をクリックします。
    例:「(UTC+08:00) 台北」

  5. [メール]をクリックします。

→現象発生:

 手順2で読み込んだメールの送信日時が一部表示されません。
 例:--年12月31日

 

補足:

メールの詳細画面でも同様の現象が発生します。


【対応方法】

タイムゾーンの設定を戻します。

  1. [個人設定] > [共通設定] > [ローカライズ] > [ロケールの設定]の順にクリックします。

  2. タイムゾーンを元の設定に変更して、[設定する]をクリックします。
     例:「(UTC+09:00)東京」