001-005944

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ワークフローで確認と承認が同時期に行われると承認者の最新一覧に表示されず、承認ができない場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 2.1.0
  • 2.1.1
  • 2.1.2
  • 2.1.3
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
改修バージョン
公開日
2013-03-22
更新日
2013-03-22

【準備】

  • 次のユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2
    • ユーザー3
    • ユーザー4
    • ユーザー5
    • ユーザー6

  • ワークフローでカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム名:申請フォーム1

  • 申請フォーム1に専用経路を設定し、承認経路を3つ以上設定します。

    例:
    経路情報:
    • 経路名:専用経路1
    承認経路:
            経路ステップ名  |経路種別
    • 承認経路1     |承認(誰か1人)
    • 承認経路2     |承認(誰か1人)
    • 承認経路3     |承認(全員)

      補足:
      承認経路1と承認経路2の経路種別は「承認(誰か1人)」に設定します。

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [申請する] > [カテゴリ1] > [申請フォーム1]の順にクリックします。

  2. 「申請の作成(内容の入力)」画面で、任意の内容を入力し[経路を設定する>>]をクリックします。

    例:
    標題:申請1

  3. 「申請の作成(経路の設定)」画面で、承認経路1と承認経路3に同じユーザーを含んだ申請経路を設定します。

    例:
    承認経路1:ユーザー2、ユーザー3
    承認経路2:ユーザー4、ユーザー5
    承認経路3:ユーザー2、ユーザー6

  4. [内容を確認する>>]をクリックし、「申請1」を申請します。

  5. ユーザー3でアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [最新一覧] > [申請1] > [承認する]の順にクリックします。

  6. ユーザー2、ユーザー4でそれぞれアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [最新一覧] > [申請1]の順にクリックします。

  7. ユーザー2で[確認する]、ユーザー4で[承認する]を同時にクリックします。

  8. ユーザー2で「ワークフロー(最新一覧)」画面を表示します。

→現象発生:
 「申請1」が表示されないため、[承認する]ボタンが表示されず承認することができません。

補足:

  • 手順6のように[確認する]ボタンと[承認する]ボタンをクリックするタイミングが同時期になると、本現象が発生する場合があります。

  • 承認することはできませんが、受信一覧に「申請1」は表示されます。

【対応方法】

次の操作を行ってください。

  • 現象が発生した申請データは残ったままになります。
    不要になったデータは次の画面から削除、もしくは申請者で取り消しを行ってください。

    • (システム管理画面)「ワークフロー > 申請データの管理 > 申請データの詳細」画面
    • (運用管理画面)「ワークフロー > 申請データの管理 > 申請データの詳細」画面

  • 現象が発生した時点で申請が止まるため、再申請を行ってください。