001-006180

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[CVE-2012-2110]OpenSSLの脆弱性に伴う不具合

種別
脆弱性
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
改修バージョン
3.5.4
公開日
2013-01-18
更新日
2014-08-08

攻撃者にこの脆弱性を利用された場合、バッファオーバーフロー攻撃を誘発されたり、サービス運用妨害 (メモリ破損) 状態となる可能性があります。

補足:

  • バージョン 3.7以降のガルーンにおける影響は、次のレコードをご確認ください。

    [CyVDB-67][CVE-2012-2110]OpenSSLの脆弱性
    https://kb.cybozu.support/article/31640/

  • 本脆弱性のCVE識別番号は「CVE-2012-2110」です。
    2014年に検出された「CVE-2014-0160(Heartbleed)」とは異なる内容ですのでご注意ください。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.5.4 のガルーン

関連記事