001-006433

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

オープン統合認証を使用し、Administrator以外のユーザーでログアウトすると、ログアウトのログが2回出力される。

種別
不具合
機能
  • ロギング
再現バージョン
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2013-06-26
更新日
2016-01-26

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • オープン統合認証 ver.1、またはオープン統合認証 ver.2を使用している。

  • Administrator以外のユーザーでログアウトする。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1(システム管理権限なし)

  • セッション認証にオープン統合認証 ver.2を設定します。

    例:
    ------------------------
    表示名:オープン統合認証
    セッション認証形式:オープン統合認証 ver.2
    ------------------------

    補足:
    • (システム管理画面)「認証 > セッション認証 > セッション認証の詳細 > セッション認証の変更」画面で設定します。

  • 基本システムのログで、「重要情報」を出力する設定にします。

    例:
    ----------------------
    カテゴリ:基本システム
    深刻度:重要情報
    出力先:データベースログ
    ----------------------

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインします。

  2. 手順1のユーザーでログアウトします。

  3. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ロギング] > [ログ一覧]の順にクリックします。

→現象発生:
 ログアウトのログが2回出力されています。

 例:
 --------------------
 2013-05-01 00:00:00 基本システム 重要情報 [logout] system (id:2, name:'ユーザー1', account:'user1')
 2013-05-01 00:00:00 基本システム 重要情報 [logout] system (id:2, name:'ユーザー1', account:'user1')
 --------------------

 

補足:

  • 基本システムのログで出力先に「システムログ」を選択した場合も、同様の現象が発生します。

  • セッション認証形式がオープン統合認証 ver.1の場合も同様の現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。


-----------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/01/26 タイトルと詳細を更新しました。