016-006735

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

返信を行ったことがある受信メールの「返信日,返信時刻」を出力すると、書き出したメールデータのCSVファイルで内容が空欄となる。

種別
不具合
機能
  • ファイル入出力
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
改修バージョン
5.1.0
公開日
2013-07-26
更新日
2013-09-06

【発生条件】

 

次の条件を満たす場合に発生します。

  • 返信を行ったことがある受信メールに対して、メールデータのCSVファイルへの書き出しを行う。

 

【準備】

  • メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • メールアプリケーション1でメールを受信します。

    例:
    メール1
  • メールアプリケーション1でメール1に対して、返信を行います。

【再現手順】

  1. [メールアプリケーション1] > [ファイル出力]の順にクリックします。

  2. 出力条件で、メール1がヒットするような条件を指定します。

    例:
    -------
    対象:受信メール
    フォルダ:(全て)
    期間:全て
    -------

  3. 出力内容で、メール1がヒットするような内容を指定します。

    例:
    メールを全て出力する

  4. 出力項目に「返信日,返信時刻」を追加します。

  5. 「先頭行に項目名を書き出す」のチェックボックスの選択を外します。

  6. [書き出す]をクリックします。

  7. 書き出したCSVファイルを確認します。

→現象発生:

 返信を行ったことがあるにもかかわらず、「返信日,返信時刻」の内容が空欄となります。

 

 例

 -------
 "",""
 -------

 

補足:

  • 返信を行ったことがない受信メールに対して、メールデータのCSVファイルへの書き出しを行った場合、「返信日,返信時刻」の内容が空欄となるのは仕様動作です。

    例:
    -------
    "",""
    -------
  • 手順5で「先頭行に項目名を書き出す」にチェックボックスを選択して書き出しを行った場合、項目名が「返信日時」で出力される現象が発生します。
    上記の現象の改修状況につきましては、こちらをご覧ください。

    「返信日,返信時刻」を出力すると、書き出したメールデータのCSVファイルで項目名が「返信日時」となり、項目名と内容がずれる場合がある。
    https://kb.cybozu.support/article/31195/

【回避方法】

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

    • バージョン 5.1.0のメールワイズ
  • 手順4で出力項目に「返信日時」を追加して書き出すと、内容が出力されます。

例:
-------
"返信日","返信時刻"
"2013/9/10","10:00"
-------

 

補足:

  • 「返信日時」を出力すると、項目名と内容が「"返信日","返信時刻"」の形式で出力される現象の改修状況につきましては、こちらをご覧ください。

    「日時」「日付,時刻」「返信日時」を出力すると、書き出したメールデータのCSVファイルで項目名と内容が正しくない。
    https://kb.cybozu.support/article/31194/