001-008102

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

宛先からユーザーを削除したあと、そのメッセージを再利用すると、再利用で作成したメッセージの宛先に削除したユーザーが表示される。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
改修バージョン
4.0.3
公開日
2015-01-29
更新日
2015-08-28

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1で、メッセージを送信します。

    例:
    -------------------
    標題:メッセージ1
    宛先:ユーザー1、ユーザー2
    -------------------

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [送信箱] > [メッセージ1] > [宛先を変更する]の順にクリックします。

  2. 宛先からユーザー2を削除し、[変更する]をクリックします。

  3. 「メッセージの詳細」画面で、[再利用する]をクリックします。

→現象発生:
 宛先に、手順2で削除したユーザーが表示されます。

 

補足:

  • 次の操作を行った場合も同様の現象が発生します。
    1. ユーザー1で、宛先にユーザー1とユーザー2を追加してメッセージを送信します。

    2. ユーザー2で、受信したメッセージを削除します。

    3. ユーザー1で「メッセージの詳細」画面に遷移し、[オプション] > [別のメッセージを送る]の順にクリックします。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 4.0.3のガルーン



------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2015/07/27 タイトルを修正しました。