001-008275

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

最終承認の経路ステップの初期値に「(省略)」が設定されている場合、「申請の作成(経路の設定)」画面に戻ると、最終承認の経路ステップに設定した処理者が保持されない。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2017-04-12
更新日
2017-04-12

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 最終承認の経路ステップの初期値に「(省略)」が設定されている。

  • 「申請の作成(内容の確認)」画面から「申請の作成(経路の設定)」画面に戻る。

 

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ワークフローのカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に経路を設定し、有効にします。

    例:
    ---------
    承認経路の経路ステップ名:承認経路1、承認経路2
    ---------

  • 承認経路2の初期値に「(省略)」を設定します。

    補足:
    • 承認経路2が、最終承認の経路ステップとします。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [申請する] > [カテゴリ1] > [申請フォーム1]の順にクリックします。

  2. 内容を入力し、[経路を設定する]をクリックします。

    例:
    -----------
    標題:申請1
    -----------

  3. 処理者を選択し、[内容を確認する]をクリックします。

    例:
    ---------
    承認経路1:ユーザー1
    承認経路2:ユーザー1
    ---------

  4. [前の画面へ戻る]をクリックします。

 

→現象発生:

 手順3で承認経路2に設定した処理者が保持されません。

 例:
 ---------
 承認経路1:ユーザー1
 承認経路2:(空欄)

 ---------

 

補足:

  • 手順4で次の操作を行った場合も、同様の現象が発生します。
    • パンくずリストの[申請の作成(経路の設定)]をクリックする。
    • フッターの[申請の作成(経路の設定)へ]をクリックする。
    • ブラウザの戻るボタンをクリックする。
    • BackSpaceキーで戻る。

【対応方法】

 

再度、承認経路2の処理者を選択します。