001-008386

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[IISの現象]アイコンやタブを連続してクリックすると、ログアウトする場合がある。

修正プログラム

種別
不具合
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2014-07-17
更新日
2015-08-03

【発生条件】

 

次の条件を満たすと、現象が発生する場合があります。

  • WebサーバーにIISを使用している。

    補足:
    • お使いの環境(サーバーマシンのスペックやデータ量)によって、現象が発生する頻度は異なります。

 

【準備】

  • WebサーバーにIISを使用し、ガルーンをインストールします。

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインします。

  2. 任意のアイコンやタブを連続してクリックします。

    例1:
    アプリケーションメニューの「ポータル」アイコンと「スペース」アイコンを交互に連続してクリックします。

    例2:
    スケジュールの「グループ日」「グループ週」「日」「週」「月」「年」タブをランダムに連続してクリックします。

 

→現象発生:

 ログアウトする場合があります。

 

補足:

  • PHPの複数のプロセスが一つのセッションファイルに対してアクセスする際の、ファイルのロックに関する問題により、本現象が発生します。

【サイボウズ株式会社 不具合情報公開サイト ご利用上の注意】
  1. お客様およびパートナー(以下、「お客様等」といいます。)は、 サイボウズが提供する製品またはサービスの不具合に関する情報の収集および 当該不具合の解消を目的とする場合においてのみ、 本規約に記載の条件の下、無償で本サイト上にて提供情報等を使用することができます。
  2. サイボウズは、提供情報等がお客様の要求を満足させるものであること、 正常に作動すること、瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合に、 これが修正されること、のいずれも保証いたしません。
  3. サイボウズは、本サイトの利用の結果により、お客様等が何らかの損害を被ったとしても何ら責任を負いません。

詳細



【回避方法】

 

次のどちらかの方法で、回避できます。

  • 「オープン統合認証 ver.2」と「標準認証」を併用します。

    1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [認証] > [セッション認証] > [セッション認証を追加する]の順にクリックします。

    2. 「オープン統合認証 ver.2」を選択し、[次へ >>]をクリックします。

    3. 任意に内容を入力し、[追加する]をクリックします。

    4. 追加したオープン統合認証と標準認証を、使用する設定にします。

    補足:
    • オープン統合認証 ver.2の設定内容は、ご利用の環境にあわせて設定してください。

    • ログアウトせずログイン済みの状態が保たれるようになりますが、セッションが新たになる点は変わりません。
      そのため、ログイン状況以外でセッションに保持されている情報はログイン直後と同じ状態となります。

      例:
      • 掲示板のカテゴリツリーの展開状況
      • 開いていたポータルの情報

  • ガルーンのセッション情報を、通常管理しているサーバー内のファイルではなく、データベース(MySQL)で管理するように変更します。

    補足:
    • 変更する方法についての詳細は、本記事に添付の「ガルーンのセッション管理をMySQLに変更する方法について」を参照してください。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2015/08/04 回避方法に補足を追記しました。
2015/01/23 手順書のファイル名を変更しました。
2014/12/05 添付資料を更新しました。
2014/10/27 関連記事を追加しました。