014-009122

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「文字列(複数行)」項目の設定で、「再利用時に使用する」を無効にしても、KUNAIでレコードを再利用すると「文字列(複数行)」項目の内容が再利用される。

種別
不具合
機能
  • 共通API
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 9.1.0
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
  • 10.3.0
  • 10.4.0
改修バージョン
10.5.0
公開日
2015-12-09
更新日
2016-04-08

【準備】

  • カスタムアプリで、アプリを追加します。

    例:
    アプリ1

  • アプリ1に、項目を追加します。

    例:
    -------
    入力タイプ:文字列(複数行)
    項目名:項目1
    -------

  • アプリ1の運用管理の「項目の変更」画面で、次の設定を行います。

    • 再利用:「再利用時に使用する」のチェックボックスを選択を外す

  • アプリ1に、レコードを登録します。

    例:
    -------
    項目1:レコード1
    -------

【再現手順】

  1. KUNAIを起動し、シンクします。

  2. [アプリ一覧] > [カスタムアプリ] > [アプリ1] > [レコード1]の順にタップします。

  3. [再利用する]をタップします。

→現象発生:
 「文字列(複数行)」の内容が再利用されます。

補足:

  • 項目1の内容は編集できます。

  • 準備で、書式編集を使用して項目1に内容を入力したあと、KUNAIでレコードを再利用した場合、次の現象が発生します。

    • 項目1に「指定できません。」と表示され、項目1の内容を編集できません。

    • [登録する]をタップすると、「文字列(複数行)」の内容が再利用された状態で、レコードが登録されます。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.5.0のサイボウズ Office