001-009522

パッケージ版 Garoon

0人の方が関心を示しています。

引用文の前に署名をつけたHTMLメールを返信または転送すると、本文の記号が文字化けする。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
改修バージョン
4.2.4
公開日
2016-08-04
更新日
2016-11-25

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • メールを返信、全員に返信または転送する際、引用文の前に署名を追加する。

  • メールを返信、全員に返信または転送する際、書式編集を使用する。

  • 本文に、次のいずれかの記号を含む。
    ---------------------
    ¡、¤、¦、©、ª、«、­、®、¯、²、³、µ、·、¸、¹、
    º、»、¼、½、¾、¿、À、Á、Â、Ã、Ä、Å、Æ、Ç、È、
    É、Ê、Ë、Ì、Í、Î、Ï、Ð、Ñ、Ò、Ó、Ô、Õ、Ö、Ø、
    Ù、Ú、Û、Ü、Ý、Þ、ß、à、á、â、ã、ä、å、æ、ç、
    è、é、ê、ë、ì、í、î、ï、ð、ñ、ò、ó、ô、õ、ö、
    ø、ù、ú、û、ü、ý、þ、ÿ
    ---------------------

  • 返信または転送しようとしている送信メールの文字コードが「日本語(シフトJIS)」または「日本語(JIS)」である。

 

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1、ユーザー2に、メールアカウントを設定します。

    例:
    • ユーザー1:user1@xxxxx.co.jp
    • ユーザー2:user2@xxxxx.co.jp

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 一般設定」画面で、送信メールの文字コードを「日本語(シフトJIS)」または「日本語(JIS)」に設定します。

  • ユーザー1で、ユーザー2にメールを送信します。

    例:
    ----------------------
    To:user2@xxxxx.co.jp
    標題:メール1

    ----------------------

  • ユーザー2で、メール1を受信します。

  • ユーザー2の(個人設定画面)「メール > 署名の設定 > 署名の登録」画面で、署名を登録します。

    例:
    ---------------------
    名称:署名1
    署名の位置:引用文の前
    内容:内容1
    ---------------------

 

【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱] > [メール1] > [返信]の順にクリックします。

  2. メール本文で「書式編集」を選択し、次のいずれかの記号を含む本文を入力します。
    ---------------------
    ¡、¤、¦、©、ª、«、­、®、¯、²、³、µ、·、¸、¹、
    º、»、¼、½、¾、¿、À、Á、Â、Ã、Ä、Å、Æ、Ç、È、
    É、Ê、Ë、Ì、Í、Î、Ï、Ð、Ñ、Ò、Ó、Ô、Õ、Ö、Ø、
    Ù、Ú、Û、Ü、Ý、Þ、ß、à、á、â、ã、ä、å、æ、ç、
    è、é、ê、ë、ì、í、î、ï、ð、ñ、ò、ó、ô、õ、ö、
    ø、ù、ú、û、ü、ý、þ、ÿ
    ---------------------

  3. 署名のドロップダウンリストで「署名1」を選択し、[送信する]をクリックします。

    例:
    ----------------------
    To:user1@xxxxx.co.jp
    標題:Re: メール1
    本文:Å
    署名:署名1
    ----------------------

  4. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信]の順にクリックします。

  5. [メール] > [受信箱] > [Re: メール1]の順にクリックします。

 

→現象発生:
 本文の記号が文字化けします。

 例:

 〓

 

補足:

  • 全員に返信、または転送した場合も、同様の現象が発生します。

  • 次の場合に文字化けするのは、仕様動作です。
    • 標題に記号(環境依存文字)を含む場合

    • 本文で「テキスト」を選択し、本文に記号(環境依存文字)を含む場合

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.4のガルーン