001-008036

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

引用文の前に署名をつけた改行を含むHTMLメールを、「メールの送信確認」画面を表示してから返信または転送すると、text/plainパートの改行が削除される場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
改修バージョン
4.0.2
公開日
2015-03-25
更新日
2015-05-22

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • メールを返信、全員に返信または転送する際、書式編集を使用する。

  • メールを返信、全員に返信または転送する際、引用文の前に署名を追加する。

  • 送信前に確認画面を表示する設定にする。

 

 【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1、ユーザー2にメールアカウントを設定します。

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 一般設定」画面で、次の設定を行います。

    • 送信前の確認:「送信前に確認画面を表示する」のチェックボックスを選択する

  • ユーザー1の(個人設定画面)「メール > 署名の設定 > 署名の登録」画面で、署名を登録します。

    例:
    ------------------------------
    名称         :署名1
    署名の位置:引用文の前
    内容         :=============
                      ユーザー1
                      user1@xxxxx.co.jp
                      =============
    ------------------------------

    補足:
    • 署名の位置に「引用文の前」を指定します。

  • ユーザー2で、ユーザー1にメールを送信します。

    例:
    ------------------------------
    標題:メール1
    ------------------------------

  • ユーザー1で、メール1を受信します。

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱] > [メール1] > [返信する]の順にクリックします。

  2. 本文で「書式編集」を選択し、改行が含まれる内容を入力します。

    例:
    ------------------------------
    aaaaa

    aaaaa


    ----- Original Message -----
    Subject: メール1
    Date: Mon, 01 Sep 2014 09:00:00 +0900
    From: "ユーザー2" <user2@xxxxx.co.jp>
    To: user1@xxxxx.co.jp
    user2 wrote:
    >
    ------------------------------

  3. 署名で「署名1」を選択し、[送信する]をクリックします。

  4. 「メールの送信確認」画面で、[送信する]をクリックします。

  5. [メール] > [送信箱] > [Re:メール1] > [オプション▼] > [ソースの表示]の順にクリックします。

  6. 表示された「source.txt」ファイルをダウンロードし、テキストエディタ等で確認します。

→現象発生:
 text/plainパートの改行が削除されています。

 例:
 ------------------------------
 --=_cb_cbgrn_0_123456_123456789
 Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP
 Content-Transfer-Encoding: 7bit

 aaaaa aaaaa  =============
 user1
 user1@xxxxx.co.jp
 =============----- Original Message -----Subject: メール1Date: Mon, 01 Sep 2014 09:00:00 +0900From: ユーザー2 <user2@xxxxx.co.jp>To: user1@xxxxx.co.jpuser2 wrote:>
 --=_cb_cbgrn_0_123456_123456789
 ------------------------------

 

補足:

  • 手順2で書式編集の箇条書き、番号付きリストを使用した場合も同様の現象が発生します。


【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.0.2のガルーン

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2015/04/02 補足を一部削除しました。