001-008804

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

個人設定で、送信前に確認画面を表示しない設定にしている場合、引用文の前に署名をつけたHTMLメールを返信または転送すると、送信したメールの詳細画面に一部のオプションメニューが表示されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
改修バージョン
4.2.2
公開日
2015-03-24
更新日
2016-08-24

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 3ペイン(プレビュー表示)で表示する。

  • メールを返信、全員に返信または転送する際、書式編集を使用する。

  • メールを返信、全員に返信または転送する際、引用文の前に署名を追加する。

  • 「送信前に確認画面を表示する」のチェックボックスの選択を外す。

    補足:
    • 送信前の確認画面表示は「個人設定(各アプリケーション) > メール > 一般設定」画面で設定します。

 

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1、ユーザー2にメールアカウントを設定します。

  • ユーザー2からユーザー1へ、メールを送信します。

    例:
    ------------------------------
    標題:メール1
    ------------------------------

  • ユーザー1で「メール1」を受信します。

【再現手順】

  1.  ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[個人設定] > [メール] > [署名の設定] > [署名を登録する]の順にクリックします。

  2. 署名の位置で「引用文の前」を選択します。

  3. 署名を作成し、[登録する]をクリックします。

    例:
    ------------------------------
    名称         :署名1
    署名の位置:引用文の前
    内容         :=============
                      ユーザー1
                      user1@xxxxx.co.jp
                     =============
    ------------------------------

  4. [メール] > [受信箱] > [メール1] > [返信する]の順にクリックします。

  5. 本文で「書式編集」を選択します。

  6. 署名で「署名1」を選択し、[送信する]をクリックします。

  7. [メール] > [送信箱] > [Re:メール1] > [オプション] の順にクリックします。

→現象発生:
 オプションメニューに次の項目が表示されません。
 ------------------------------

  • 印刷用画面
  • 振り分ける
  • ソースの表示
  • ファイルに出力する
  • テキスト形式で表示する
  • メッセージに転送する

 ------------------------------

 

補足:

  • 送信箱の「Re:メール1」の詳細画面を表示すると、次の現象が発生します。

    • [再送信する]が[変更/送信]と表示されます。
      [変更/送信]をクリックすると「下書きの編集/送信」画面が表示されます。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.2のガルーン

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2016/08/24 補足を追記しました。
2016/05/17 タイトルを更新しました。