001-010276

パッケージ版 Garoon

メールの本文が1行で1000バイトを超えるとき、改行が自動的に挿入されない場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
改修バージョン
4.10.2
公開日
2018-10-24
更新日
2019-03-15
【発生条件】

次のどちらかの条件を満たす場合に発生します。
  • 「送信メールの文字コード」に「日本語(JIS)」を選択する。

  • 「送信メールの文字コード」に「(自動選択)」を選択し、次のどちらかの設定にする。
    • 言語を「日本語」にする。
    • 言語を「ブラウザーの設定を優先する」にし、Webブラウザーの言語を日本語にする。

    補足:
    • 「送信メールの文字コード」は、(個人設定画面)「メール > 一般設定」画面で設定できます。

    • 言語は、(個人設定画面)「ローカライズ > ロケールの設定」画面で設定できます。

【準備】
  • ユーザーを追加し、メールアカウントを追加します。

    例:
    ユーザー1:user1@xxxxx.co.jp

  • ユーザー1の送信メールの文字コードを「日本語(JIS)」に設定します。

  • ユーザー1で、本文に1行で長い文字列を入力し、メールを送信します。

    例:
    ---------------
    標題:メール1
    本文:本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1本文1
    ---------------

【再現手順】
  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [送信箱] > [メール1]の順にクリックします。

  2. 「オプション」アイコン > [ソースの表示]の順にクリックし、メール1のメールソースを保存します。

  3. メールソースの本文部分を確認します。

→現象発生:
 1行で1000バイトを超えていても、改行が自動的に挿入されません。

補足:
  • 1000バイトを超える行が存在すると、受信メールサーバーでエラーが発生し、メールの受信を拒否される場合があります。

  • バージョン 3.7.0~3.7.3のGaroonでは、次の現象の影響によって、本現象は発生しません。

    送信メールの文字コードに「日本語(JIS)」を選択すると、エンコード形式がBase64になる。
    https://kb.cybozu.support/article/31537/

【回避方法】
   
次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.10.2のGaroon

関連記事