001-003761

パッケージ版 Garoon

LDAP認証を使用すると、サイボウズ KUNAIからログインできない場合がある。

修正プログラム

           
種別
不具合
機能
  • SOAP API
再現バージョン
  • 2.5.4
  • 3.0.0
改修バージョン
3.0.1
公開日
2010-07-16
更新日
2012-01-23

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • LDAP認証を使用している。

  • ガルーンとLDAPサーバーで、異なるパスワードが設定されている。

【準備】

  1. LDAPサーバーを準備する

  2.  ガルーンにLDAP認証を設定する

    1. 「システム管理(基本システム) > 認証 > 認証データベース > 認証データベースの追加」画面で、LDAP形式の認証データベース A を追加する

    2. 「システム管理(基本システム) > 認証 > ログイン認証」画面で、ログイン認証名の[標準認証]をクリックする

    3. 「ログイン認証の変更」画面で、「認証データベース」をデータベース A に変更する

【再現手順】

  1. LDAPサーバーに設定されたパスワードで、サイボウズ KUNAIからガルーンにログインする

 

→現象発生:
 エラー (FW00007)が発生し、ログインできない。

 

※重要

 パッチ適用前のガルーンでは、ユーザーのパスワードを空に設定した場合、サイボウズ KUNAIからログイン名のみでアクセスできます。必ず空以外のパスワードを設定してください。


【サイボウズ株式会社 不具合情報公開サイト ご利用上の注意】
  1. お客様およびパートナー(以下、「お客様等」といいます。)は、 サイボウズが提供する製品またはサービスの不具合に関する情報の収集および 当該不具合の解消を目的とする場合においてのみ、 本規約に記載の条件の下、無償で本サイト上にて提供情報等を使用することができます。
  2. サイボウズは、提供情報等がお客様の要求を満足させるものであること、 正常に作動すること、瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合に、 これが修正されること、のいずれも保証いたしません。
  3. サイボウズは、本サイトの利用の結果により、お客様等が何らかの損害を被ったとしても何ら責任を負いません。

詳細



詳細



【回避方法】

 

次の操作により、サイボウズ KUNAIからガルーンにログインできます。

  • ガルーン本体とLDAPサーバーで、同一のログイン名と共通のパスワードを設定する

 

バージョン 2.5.4のガルーンの場合

 

この記事に改修済のバージョン 2.5.4のガルーン用のパッチプログラムを添付しています。

パッチプログラムを適用する手順は、付属の readme.txt を確認してください。

 

 

バージョン 3.0.xのガルーンの場合

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョン 3.0.0のガルーンをご利用の場合は、バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.0.1以降のガルーン

バージョンアップ前にLDAPの設定をした場合、バージョンアップ後に次の設定を行います。
認証情報がデータベースに適用され、サイボウズ KUNAIからガルーンにログインできます。

  1. 「システム管理(基本システム) > 認証 > ログイン認証」画面で、ログイン認証名の[標準認証]をクリックする

  2. 「ログイン認証の変更」画面で、「認証データベース」にデータベース A が選択された状態で[変更する]をクリックする