001-009415

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールの自動転送でエラーが発生しても、エラーの原因がログに出力されない。

種別
不具合
機能
  • メール
  • ロギング
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
改修バージョン
4.2.2
公開日
2016-03-22
更新日
2016-05-27

【発生条件】

 

次の条件を満たす場合に発生します。

  • メールの自動転送時に、次のエラーが発生する。

    • エラー(GRN_MAIL_24151)
    • エラー(GRN_MAIL_24171)
    • エラー(GRN_MAIL_24201)
    • エラー(GRN_MAIL_24204)

※本記事はエラー(GRN_MAIL_24151)が発生した場合の再現例を記載します。

 

【準備】

  • (システム管理画面)「メール > 一般設定」画面で、次の設定を行います。

    例:
    ------------------------
    自動受信:「設定する」のラジオボタンを選択する
    自動受信の指定時間:00時00分
    ------------------------

  • (システム管理画面)「ロギング > ログ一覧 > ログの設定」画面で、次の設定を行います。

    例:
    ------------------------
    対象カテゴリ:メール
    深刻度:エラー
    ログ:出力する
    出力先:データベースログ
    ------------------------

  • ユーザーを追加します。

    例:
    -------
    名前:ユーザー1
    ログイン名:user1
    -------

  • ユーザー1で、エラー(GRN_MAIL_24151)が発生する操作を行います。

    補足:
    • エラー(GRN_MAIL_24151)は、メールの自動転送時に送信メールサーバーとの接続に失敗する場合に発生するエラーです。

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ロギング] > [ログ一覧] > [[XXXXX]GRN_MAIL_24151]の順にクリックします。

→現象発生:
 ログの内容欄に、エラーの原因が表示されません。

 例:
 ------------------------
 日付:2016-02-01 00:00:00
 カテゴリ:メール
 深刻度:エラー
 内容:[XXXXX] GRN_MAIL_24151
 ユーザー名:
 ログイン名:

 IPアドレス:
 ------------------------

→正しい結果:
 ログの内容欄に、エラーの原因が表示されます。
 ------------------------
 日付:2016-02-01 00:00:00
 カテゴリ:メール
 深刻度:エラー
 内容:[XXXXX] GRN_MAIL_24201, Cause: メールサーバーからの応答: ""-1 - [サーバーへの接続に失敗しました。] """
 ユーザー名:ユーザー1
 ログイン名:user1
 IPアドレス:xx.xx.xx.xx
 ------------------------


【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.2のガルーン

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/05/17 タイトルを更新しました。
2016/04/11 正しい結果を追記しました。