001-009670

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

1つの経路ステップで複数の処理者が同時に承認すると、2人目以降の処理者の承認結果が、次の経路ステップに反映される場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
改修バージョン
4.2.5
公開日
2016-11-24
更新日
2017-10-02

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 「誰か1人」の経路ステップに処理者を2人以上追加し、その次に任意の経路ステップを追加する。

  • 「誰か1人」の経路ステップに追加した処理者のうち、1人以上をその次の経路ステップに追加する。

 

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ワークフローにカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に経路を設定し、申請フォーム1を有効にします。

    例:
    ---------------
    経路情報:
    • 経路名:専用経路1

    承認経路:
    • 経路種別:承認(誰か1人)
    • 経路ステップ名:承認1

    • 経路種別:承認(全員)
    • 経路ステップ名:承認2
    ---------------

    補足:
    • 「誰か1人」の経路ステップを追加し、その次に任意の経路ステップを追加します。

  • ユーザー2で、申請フォーム1を使用して申請を作成します。

    例:
    ---------------
    標題:申請1
    承認1(誰か1人)の処理者:ユーザー1、ユーザー2
    承認2(全員)の処理者:ユーザー1
    ---------------

    補足:
    • 「誰か1人」の経路ステップに複数の処理者を設定します。

    • 「誰か1人」の経路ステップに追加した処理者のうち、1人以上をその次の経路ステップに追加します。

【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [最新一覧] > [申請1]の順にクリックします。

  2. 手順1とは別のWebブラウザーを使って、ユーザー1でログインし、手順1と同じ画面を開きます。

  3. 手順1で開いた申請1の「未処理申請の処理」画面で、[承認する]をクリックします。

    補足:
    • ユーザー2で、承認1を承認します。

  4. 手順2で開いた申請1の「未処理申請の処理」画面で、[承認する]をクリックします。

    補足:
    • ユーザー1で、承認1を承認します。

  5. ユーザー1で、[ワークフロー] > [受信一覧] > [申請1]の順にクリックします。

→現象発生:

 承認1を承認したにもかかわらず、次の経路ステップである承認2が承認されています。

 

→正しい結果:

 手順4のあと、次のエラーが発生し、ユーザー1で承認1と承認2を承認できません。
 ---------------
 エラー (GRN_WRKF_25102)
 経路ステップIDが不正です。

 原因
 経路ステップの指定が誤っているか、経路ステップが削除されています。
 ---------------

 

補足:

  • 準備4点目で、共有経路を設定した場合にも、同様の現象が発生します。

  • 手順4で却下、差し戻しをした場合も、承認2の結果として反映されます。

  • ケータイでも同様の現象が発生します。

  • バージョン 4.0.0以降のGaroonの場合、モバイル表示でも同様の現象が発生します。

  • ケータイの場合、次のように確認処理を行うと、エラーが発生せずに次の経路ステップへ進む現象が発生します。

    • 次の申請を作成し、ユーザー2で承認1を承認したあと、ユーザー2で承認2を承認すると同時に、ケータイを使用してユーザー1で承認1を確認する。

      例:
      ---------------
      標題:申請2
      申請者:ユーザー2
      承認1(誰か1人)の処理者:ユーザー1、ユーザー2
      承認2(全員)の処理者:ユーザー2
      承認3(全員)の処理者:ユーザー1
      ---------------

      このとき、同時に次の現象が発生します。

      • 申請2は未完了で、承認3の進行中と表示されていますが、承認3の処理操作はできません。
      • ユーザー1で、承認1の確認ができています。
      • 未処理一覧に、申請2が表示されていません。

      ※以下の記事の対応方法と同様の操作により、承認3を処理できるようになります。
        
      https://kb.cybozu.support/article/32996/

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.5のGaroon

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2017/10/02 補足を更新しました。
2017/02/01 タイトルを更新しました。
2017/01/10 正しい結果を追記しました。