001-006083

パッケージ版 Garoon

Internet Explorer 10を利用する場合の制限事項と不具合

           
種別
クライアント環境の制限事項
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
改修バージョン
公開日
2012-11-09
更新日
2017-03-14

Internet Explorer 10でガルーンを利用する場合は、次の制限事項・不具合があります。

 

補足:

バージョン 3.5.0~4.2.0のガルーンで、Internet Explorer 10利用時の動作を保証しています。

 

Internet Explorer 10の制限事項:

  • ワークフローやアドレス帳で組織を切り替えると、ユーザーを選択できなくなる。

      補足:
      上記1点の制限事項は、バージョン 3.7.3のガルーンで解消しています。

  • Windows 8 UI 対応版ではFlashを利用できないため、ファイル一括添付を利用できません。
    このため、システム管理画面でファイル一括添付をONにした場合も、画面上には従来のファイル添付パーツが表示されます。

  • 書式編集で「フルスクリーン」を選択すると、画面の表示が崩れ、再度「フルスクリーン」アイコンをクリックしても元の状態に戻らなくなります。

  • 書式編集を有効にして文字入力すると、フォームの枠が縦に広がります。

  • 書式編集のツールバーがフォームの横幅に合わせて改行されず、表示が崩れます。

      補足:
      上記4点の制限事項は、バージョン 3.7.0のガルーンで解消しています。

  • テキストフィールドに改行を含む文字列を表示すると、余分な改行が追加されます。

      補足:
      上記1点の制限事項は、バージョン 3.5.1のガルーンで解消しています。

 

Internet Explorer 10で再現する不具合:

      補足:
      上記6点の不具合は、バージョン 3.7.0のガルーンで改修しています。

 

Internet Explorer 9以前から存在し、Internet Explorer 10で引き続き再現する制限事項:

      補足:
      上記2点の制限事項は、バージョン 3.7.0のガルーンで解消しています。

 

 

------------------------------------------------------------

【更新履歴】
2017/03/14 再現バージョンを更新しました。
2014/12/24 Internet Explorer 10の制限事項を追記しました。
2013/12/26 Internet Explorer 10で再現する不具合を追記しました。
2013/06/12 Internet Explorer 10の制限事項を追記しました。
2013/05/08 Internet Explorer 10で再現する不具合を追記しました。
2013/04/24 バージョン 3.7.0のガルーンの対応状況を反映しました。

2013/03/28 Internet Explorer 9以前から存在し、Internet Explorer 10で引き続き再現する制限事項を追記しました。
2013/01/11 Internet Explorer 10で再現する不具合を追記しました。
2012/12/21 記事に「browser_ie」タグを追加しました。
2012/11/29 Internet Explorer 10の制限事項・不具合として記事を再編集しました。


関連記事

関連ワード

browser_ie